タモリさんが「地形好きの原点」と言ってはばからない「沼田の河岸段丘」

実は大学入学のため上京し、真っ先に沼田を目指したんだそうです。

いったい何が、若き日のタモリさんを惹きつけたのか?

タモリさんの思い出の場所に向かうと…???

大河ドラマ「真田丸」の舞台で真田の重要な序点となった群馬県北部の沼田城!

沼田市の巨大な「河岸段丘」を利用して城とまちが築かれた、“天空の城下町”なんです。

市内には、真田が段差を存分に生かしてまちづくりをおこなった痕跡が、今もたくさん残っています。

その痕跡を辿った「ブラタモリ#31 真田丸スペシャル・沼田」の印象的なシーンを切り取ったパネルと、

鉄道好きなタモリさんを興奮させたあの模型などで振り返る「ブラタモリ 真田丸スペシャル 沼田パネル展」を開催中!



「ブラタモリ 真田丸 スペシャル沼田パネル展」で配布している

《沼田ブラ歩きMAP》

ブラタモリ・沼田で登場したポイントや市内の各種店舗など、沼田のブラ歩きには最適です!

沼田城址公園入口にある沼田市観光案内所でも配布しています。



 

▼ご宿泊はコチラ▼



赤城南面千本桜まつり 2016年4月2日〜17日(4月初〜中旬頃)

樹齢60年近いソメイヨシノが咲く約1.3kmの桜並木には約1000本の桜が咲き誇り、満開時には見事な桜のトンネルとなります。

桜まつり期間中は、郷土芸能・農産物などの特産品販売なども行われます。

 photo



沼田公園さくらまつり 2016年4月1日〜26日(開花状況により前後する) 沼田公園桜まつり(メインイベント日は4月10日の予定)

​沼田公園には約210本の大きな桜があり、春になると公園全体が淡いピンク色に包まれます。

開花に合わせて約1,500個の提灯が点灯され、ライトアップされた公園のシンボル「御殿桜」は妖艶な姿を見せます。

御殿桜とは慶長2年(1607年)に真田信之によって築城された時代に植えられたといわれ、

戦国の歴史を今に伝えている樹齢約400年の見事な桜の木です。

沼田城址公園

大河ドラマ「真田丸」で有名大名が奪い合った沼田城!現在は沼田公園として市民の憩いの場となっています。

沼田公園から徒歩10分(約500m)のグリーンベル21では、もうひとつの真田の舞台「上州沼田 真田丸展」も開催されています。

かつては5層の見事な天守閣が建っていた沼田城祉!その秘密は「真田丸展」へ!

お城はないけれど、当時の釣鐘堂が復元されています。本物の城鐘も「真田丸展」へ!

御殿桜 釣鐘堂



みなかみ町内の桜の名所(4月中旬頃)

名胡桃城址 茂左衛門・奥ノ院

(左・名胡桃城址 右・茂左衛門奥ノ院)

名胡桃(なぐるみ)城址の入口にある観光案内所では、ボランティアによる「みなかみ歴史ガイド」さんが常設しています。

※歴史ガイドさんのお問い合わせは「みなかみ町観光協会」まで



水上温泉街周辺の桜(4月下旬頃)

 

(左・ホテル脇の公園 右・水紀行館及び諏訪峡遊歩道)
水上温泉 与謝野晶子公園 - Spherical Image - RICOH THETA

(与謝野晶子公園 4月下旬)



藤原桜の里 5月5日でさくら祭り(5月初〜中旬頃)

樹齢300余の「豆桜」が藤原地区の春を告げます♪

 
▼ご宿泊はコチラ▼



 
新緑のまぶしい水上温泉♪私的に水上が一番綺麗な季節になりました。
っていう事で昼休みに諏訪峡散策に出かけてきました♪


2013.05.21 与謝野晶子歌碑公園からの利根川と谷川岳

残雪の谷川岳をバックに流れる利根川の激しいこと!
初夏の日差しの中を新緑を駆け抜ける風が気持ちいいです♪


道の駅「水紀行館」に車を止めて30分くらいの諏訪峡散策スタート。
親水公園を利根川の流れに沿って歩いていきます。
ラフティングの人達の叫び声を聞きながら歩くと沢山の歌碑が現れます。


2013.05.21 与謝野晶子歌碑公園 鉄幹と晶子の短歌等が沢山あります♪

与謝野晶子歌碑公園でいっぷくタイム(^。^)y-.。o○


与謝野晶子は昭和6年から14年にかけて4回ほど訪れていて沢山の短歌が詠まれています。
『岩の群 おごれど阻(はば)む ちからなし 矢を射つつ行く 若き利根川』晶子
「どんなに強い岩でも、利根川の力強い流れには勝てない」という意味らしいです。
激しい利根川をみて詠んだであろうこの歌。まさにそのとおりかもしれません!
与謝野晶子が見ていた景色も同じような感じだったのかな?!



歌碑公園の脇にはつり橋でできた笹笛橋がありチョッとばかしゆれます♪
(付き合い始めのカップルにおススメ!つり橋効果を狙えるかも?)


笹笛橋 つり橋なのでちょっとゆれます(>_<)


笹笛橋を渡ると2手に別れます。
来た道の対岸を通って水紀行館に戻る道と、さらに下流の諏訪峡大橋に行く道です。
どちらもおススメですが、是非時間があったら諏訪峡大橋やその先の龍ヶ瀬まで行ってみて下さい。
所々に休憩できる東屋もあるし、日本一のバンジージャンプを下から見ることも出来ます。
※今日は笹笛橋で帰ってきちゃいました(>_<) 諏訪峡遊歩道は全長3.5kmで1時間〜2時間のハイキングが楽しめます。 ※今日は笹笛橋(30分)で帰ってきちゃいましたm(__)m


新緑や紅葉の季節におススメ♪
水と渓谷が四季それぞれに彩りを変える自然の美しさを満喫してください。


諏訪峡散策コース 水紀行館の対岸を歩くコース♪ 諏訪峡散策コース 奥に見える白い橋がバンジーで有名な諏訪峡大橋です。


諏訪峡散策に行く時は!
スニーカー等の歩きやすい靴がおススメです。
それと、のどが渇くのでペットボトルを持って行くと良いかも。



水上観光ガイド協会では無料でボランティアによるガイドも行っています。
ボランティアガイドと行く「諏訪峡散策」 【みなかみ町】

与謝野晶子など文人墨客も愛した諏訪峡。
その歴史や自然の話を聞きながら散策が楽しめます。

コース:水紀行館→紅葉橋→原一雄歌碑→(A・B・Cコースへ)→水紀行館
[Aコース]→笹笛橋→晶子歌碑公園
[Bコース]→笹笛童児→紅葉公園→笹笛橋→晶子歌碑公園
[Cコース]→笹笛童児→紅葉公園→見晴→晶子歌碑公園
■開催日時・期間/〜11月下旬頃まで《予定》10:30〜
■参加費/無料 ■お問い合わせ/みなかみ町商工会 TEL.0278-62-1155
※道の駅「水紀行館」内では黄色のジャンパーが目印です。