公益社団法人天一美術文化財団
          平成23年度 助成 表彰と発表会
             天一美術館にて開催 

「生きることの実現としての劉生絵画」
「黒田清輝における素描と絵画」

東京藝術大学 美術学部
油画技法材料研究室
教授 佐藤 一郎 様

   テンペラ絵具を自分で作ってみて、水彩紙の上に描いてみる
「対象物を見ながら描いていくといろいろと形が見えてくるが、そのなかの一番好むものを選ぶ」ということが、「内なる美」の目覚めであると、劉生は述べているが、「見ること」「描くこと」の繰り返す中で、描かれた対象物の形象のなかに「内なる美」を発見することを目標としたい。すなわち、生きることの実現としての自分みずからの絵画を目指したい。

日  時:平成24年3月24日(土曜日)13:00〜16:00

会  場:天一美術館において

参加人数:40人
     
ご持参頂くもの:鉛筆、水彩絵具、筆
       (お持ちでない方はご応募際、お申し出ください。)

上記の日程で参加希望者を募集いたします。
(人数に達し次第締め切らせていただきます。)

お名前・連絡先・参加人数・年齢を下記 担当米山宛Eメール・
電話・FAXでお申込み下さい。
Eメール yoneyama-tenichi@kiu.biglobe.ne.jp
TEL 03−3571−5711 平日9:30〜17:30
FAX 03−3571−1301